Medela(メデラ)は世界妊産婦死亡率の低減に貢献し、世界保健デーの目的をサポートしています

2017年には毎日、約810人の女性が妊娠と出産に関連する予防可能だった原因で亡くなっています。2

WHO(世界保健機関)1が後援する啓発デー「世界保健デー」は毎年実施されています。この国際看護師・助産師年では、世界保健デー2020が世界各地でのヘルスケア提供に対して看護師と助産師が果たす重要な役割にスポットライトを当てます。

医療従事者が、進歩的ケアで尊い命を守るのをサポートすることは、Medela Healthcare(メデラヘルスケア)の重要なコミットメントでもあります。

看護師と助産師は世界中で、時には厳しい状況下で、必要な医療サービスを提供しています。私たちは世界妊産婦死亡率の低減に寄与することにより、その仕事の一部でも手助けすることを目指しています。私たちはVAD(吸引分娩)ソリューションで、たとえ厳しい状況下であっても、安全な出産とお母様、お子様の健康のために、女性が最高のサポートを受けられる機会を広げています。

出産前、出産中、出産後の熟練のケアにより、母親と新生児の命を守ることができます。2

VADソリューションの他にも、Medela(メデラ)はUNICEF、MSF、UNFPAなどのNGOとのパートナーシップを通じて、世界中の人々の健康を支援する多数の製品を提供しています。

Medela for NGOs Unicef Red Cross Unfpa MSF

当社製品はお母様と赤ちゃんだけが対象ではございませんので、当社の医療用吸引技術が創傷ケア、胸腔ドレナージ、脳卒中治療などに広く活用されていることを、ヘルスケアビジネス部門でご確認ください。

お母様と赤ちゃんに対するコミットメント

ヘルスケア向上に対するコミットメント

Medela(メデラ)がどのようにNGOと取り組んでいるか、もっと知りたいですか?

今すぐ知る