症例研究: ポータブルNPWTシステムの変更 – Medela(メデラ)はどのようにして、新たな水準のサービスとサポートを提供したのか

臨床的課題が行動の変化を決める

経験豊富な創傷・オストミー・失禁(WOC)看護師(「Jane」)は変化に向けた準備をしていました。彼女の施設のポータブル局所陰圧閉鎖療法(NPWT)機器は、改善すべき臨床的な課題を抱えていました。ポンプの不具合、チューブの閉塞および騒音は患者と医師の負担となっており、創傷治療におけるストレスが増大し快適さを損なっていました。Janeの施設の看護師たちは、不具合が少なく明確な結果を出してくれるNPWTシステムを探していました。そのため、Medela(メデラ)が選択しとして Invia Liberty™(インビア リバティ)をJaneのチームに見せたところ、Janeと彼女のチームはこのNPWTシステムを検討したいと考えました。

舞台を用意する

Janeの施設は米国にある約250床の急性入院リハビリテーション病院です。この施設に入院している患者は一般的に、脳損傷、脊髄損傷、熱傷およびその他急性疾患などの外傷性損傷に苦しんでおり、入院および緊急治療後にJaneの施設に来ます。この施設は、がん患者など慢性治療が必要な患者も何人か受け入れています。入院している多くの患者は急性また慢性創傷ケアを必要としているため、Janeの役割(およびチームが創傷治癒を促すために利用する技術)が極めて重要になっています。

Janeは施設の創傷・オストミー・失禁ケアの看護コンサルタントの実習生です。彼女の役割には、病院の入院患者対応業務に就くWOC看護師の研修・教育だけでなく、病院の入院患者全体のケアを監督する責任もありました

新しいポンプ技術の評価

病院が新しいNPWTシステムを探し始めた時、Janeは彼女のチームと一緒に、市販されているポータブルNPWT技術を調査・評価しました。NPWTの重要な臨床的役割を考慮して、全面的な導入の前に数ヶ月かけてチームはいくつかの有望な製品を試してみることにしました。製品の試用期間中、Janeのチームは患者体験に関する大切なフィードバックを得るために、1週間に1回、患者アンケートも行いました。

試用期間中Janeと緊密に連携していた施設の購買部長は、検討候補としてInvia Liberty(インビア リバティ)を選びました。創傷ケア患者に、リユーザブルポンプの有効性と個人用ポンプの快適性と利便性を提供するように設計されたInvia Liberty(インビア リバティ)は、合理化された在庫管理とレンタル料に加え、チームに魅力的な実用性と有用性を示しました。

Medela(メデラ)に好印象を持つ

「最終決定に至った最大の理由は、製品だけではなく、メーカーとメーカーから提供されるサービスでした。」

—Jane(WOC看護師)

調査段階の初期、顧客サービスと有用な臨床リソースを提供できる(メデラ)は有力候補でした。「最終決定に至った最大の理由は、製品だけではなく、メーカーとメーカーから提供されるサービスでした。」とJaneは言います。「私たちがMedela(メデラ)VAC療法機器を試している間、Medela(メデラ)のサポートスタッフは現場に来て、必要に応じて、看護師向けに研修を行い、問題のトラブルシューティングを行い、患者教育を行っていました。これにより、プロセス全体が非常に前向きになり、進めやすくなりました。」

試用期間の数週間で、Invia Liberty(インビア リバティ)を装着した患者(および担当医師)は、個人的にあるいは新しい機器の評価アンケートを通じて、良好な体験を報告し始めました。この機器の快適さと静音性は、この施設で従来使われていたポータブル局所陰圧閉鎖療法機器によるストレスを解消してくれ、Medela(メデラ)チームの継続的なサポートは操作に関する疑問を払拭し、機器の効果的利用を格段に容易にしました。

「何人かの患者さんが旧式のポンプを付けてこの施設に来ましたが、正直に言って、彼らはMedela(メデラ)ポンプの方を好んでいました。」とJaneは言います。「Liberty(リバティ)VAC療法機器は軽量で持ち運びしやすいため、身につけて移動するのがずっと楽です。通知音も相対的に少ないため、他の機器ほどの煩わしさがありません。基本的に、このポンプは作動中も非常に静かです。うるさいポンプは睡眠を妨げたり、ストレスの元になったりするため、これは私たちの決定に影響を与える非常に重要なポイントです。目立たないデザインで静かであることが最優先事項でした。」

JaneがLiberty(リバティ)を選ぶきっかけになった他の製品特性には、全てが交換可能なNPWT機器部品、「カチ」っと音がして確実に接続するクイックコネクターチューブ、ワンタッチ式の着脱式キャニスター、機器の操作が簡単な操作画面、および直感的なデザインがあります。

決定的な違い

「機器の使い方について質問がある時、Medela(メデラ)のチームはいつもそこにいて助けてくれました。」

—Jane(WOC看護師)

病院の試用期間の最後、Jane、購買部長およびチーム全体がMedela(メデラ)とInvia Liberty(インビア リバティ)を支持しました。Janeは、自らの決断を後押ししたのは、Medela(メデラ)の院内サービス、教育資料、機器の使いやすさであったと指摘しました。

「正直言って、私は機器の操作に関する大量の質問を受けると思っていたのですが、しかし実際には、対処すべき問題はほとんどありませんでした。」 Janeは、それは、以下の事項を含め、機器の直感的なデザイン、現場のMedela(メデラ)チームによる確実なサポート、臨床医からのよくある質問に答えられる有用なツール、トラブルシューティングに対するサポートの結果によるものだと考えています。

  • 教育資料に自動的にアクセスできる機器上のQRコード。
  • スマホやタブレットのアプリケーションで見られる、解説動画、トラブルシューティングアドバイス、ユーザーへのアドバイス。
  • 24時間365日対応の技術および臨床電話サポートライン。

Janeはまた「機器の使い方について質問がある時、Margaret Maish(MSN、CWOCN、RN)[Medela(メデラ)臨床営業スペシャリスト]がいつもそこにいて助けてくれました。私は機器に付属しているアプリにも非常に感激しました。これにより、私のチームはより簡単に機器を理解し使用することができ、患者教育への取組みを成功に導いてくれました。Invia Liberty(インビア リバティ)は技術的観点からも素晴らしい機器ですが、私の決断を強力に後押したのは、素晴らしいサービスとサポートです。」と言います。

好みのNPWTシステムを探す

「彼の旧式の機器はうるさくて使い心地が悪く、彼をいら立たせていました。」

—Jane(WOC看護師)

今日、Janeと彼女のチームは、Medela(メデラ)NPWTを利用して患者に最高水準の創傷ケアを提供しており、患者は良好な回復を見せています。最近、ある患者がJaneにInvia Liberty(インビア リバティ)を使うことの醍醐味を伝えてくれました。それは、この機器にほとんど気付かなかったということです。「彼の旧式の機器はうるさくて使い心地が悪く、彼をいら立たせていました」とJaneは言います。「彼が気づかなかったという事実は、全体的な快適さだけでなく、最も重要なことは、創傷治癒にとっても非常に大きなことでした。」

患者の満足以外にも、JaneはMedela(メデラ)とのポータブル局所陰圧閉鎖療法の実施が、WOC看護師チーム全体に治療に対する自信を与え、陰圧を利用した快適な創傷治療を実現してくれたと言います。Medela(メデラ)チームのサポートは、Invia Liberty(インビア リバティ)機器のユーザーフレンドリーで直感的な特性と同様、チームの新しいNPWTへの取り組みを促進する主要な原動力でありました。

現在のポータブルNPWT技術にストレスを感じていて切り替えを考えている他のWOC看護師にアドバイスをするとしたら、どのようなアドバイスをするかと尋ねた時、Janeは次のように言いました。

「他にいくつもの選択肢があると言って安心させ、Medela(チーム)と一緒に仕事をした時の私の良好な体験について伝えます。広い心で調査を始め、複数の選択肢を検討するように言います。ただ、私たちのMedela(メデラ)との経験が、彼等に明確な選択肢を示すことになると思います。」

局所陰圧閉鎖療法

お客様と同じようなユーザーの方々が、これらの資料が役に立ったと言っています

Medela(メデラ)と一緒なら、NPWT導入が滞りなく進められ、やりがいのあるものになる

すぐに切り替えを始める